アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ひたすら病みブロ
ブログ紹介
就活で病んでまーーーす

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
みんなも病みってるね
友人もみんな病んでますねぇ〜 まぁ、きっと就活ってこんなもんなんでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/10 04:55
今日から
ブログでもやって、自分の頭の中整理させようと思いまーす ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/05 20:31
アジャイル型の共同研究はできるだろうか?
 アジャイル型の共同研究とは、現代の複雑で変化しやすいソフトウェアの開発用件に「俊敏かつ柔軟に」(=アジャイル)対応することを目指した研究である。しかし、アジャイル型は導入するのが難しいと、研究者達の間から懸念されているようだ。そこには、主に二つほど障害があるようだ。一つは、研究者たちのプログラミングの方法の違いである。構造化プログラミングに慣れている研究者たちにとっては、アジャイルのオブジェクト指向プログラミングはハードルが高く感じるようだ。二つめは、日本の企業体質とアジャイルが根本的に合わな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/18 05:02
色々なホームページの評価
私が、比較・評価したホームページは、以下の通りです。 a:http://www.meiji.ac.jp/(明治大学のホームページ) b:http://www.keio.ac.jp/(慶應大学のホームページ) c:http://www.mode.ac.jp/index.html(東京モード学園のホームページ) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/11 02:39
1月8日
<講義の内容> 今日はコミュニケーションデザインについての講義だった。コミュニケーションデザイン(情報デザイン)の概念構造は、情報アーキテクチャ(情報設計の方法)を土台にアクセシビリティ(情報への接近しやすさ)→ユーザビリティ(エラーフリー・バリアフリー等の最低限の使い勝手)→ユーティリティ(効率的な使い勝手)→フィーリング(快適な使い勝手)と積み重なっていく形をとる。インターネットが普及した現在、ネット上にはたくさんのサイトが存在する。それらのサイトは、全て上に述べた構造ごとに比較(それぞれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/08 15:05
グループ全員の要約と論評
・カナネット(保健医療情報) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/08 02:14
12月18日
<講義の要約> 今日のテーマは、ネットワークを使った研究協力である。このテーマは3つに分けることができる。(1)統計・画像・文献DBの事例(2)統計・画像・文献DB以外の事例(3)アジャイル型の共同研究はできるか?である。(1)で貼られているリンクは、オンラインDBサイトや特定のテーマに沿ったポータルサイトなど。(2)のリンクは、あるテーマの用語辞典や、同じ分野のテーマを研究している研究者たちの講演内容のリンク集など。(3)は、アジャイル開発とは?のような、アジャイル型研究についてのサイトであ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/18 15:52
担当分の要約と論評 [学会誌の発行]
<サイトの概要> このサイトは化学ソフトウェア学会年会「'98研究討論会」の詳細が載っているページである。会の主題は化学の研究・教育におけるコンピュータの利用。まずは、会の基本情報である、開催日時・会場・主催・費用・連絡先などが詳しく明記されている。次に、会の内容部分・プログラムの詳細だ。会は、最初に講演会があり、座長の方の発表とデモンストレーションの後、各人の発表、最後にまた違う人の講演会があり、懇親会を経て終了というながれであるようだ。サイトでは、講演会や各人の発表のテーマが書かれており、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/18 15:20
グループ全員の要約と論評
(a)理化学研究所研究員による研究論文不正発表について ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/16 23:41
担当分の要約と論評
(f)筑波大学の事例 <要約> 筑波大学院数理物質科学研究科・長照二教授らが米国物理学会レター誌(2006年8月4日発行)に発表した論文「Physical Review Letters 97,055001(2006)」に不適切なデータ解析があった。本件は、プラズマ研究センターで研究を行っていた大学院生らが、データ解析に不適切な点があると、平成18年11月〜12月にかけて筑波大学教員に訴え、発覚した。これを受け、調査委員会が調査したところ、実験で得られた生データから図を作成する過程において、@... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/11 14:58
12月11日
<講義の要約> 今日からは、新しいテーマに突入した。研究者の行動規範ということだ。なんでも、昔は研究者が問題を起こしても、1、研究内容が他人から見れば難解なため。2、研究仲間同士でのかばいあい。3、研究者ギルドのボスの権力などの理由から、問題が発覚すること、または問題が問題となることが滅多になかったという。しかし、現代社会においては、いくら研究者であるからといって、それを見逃すわけにはいかないという考えがなされているようだ。では、研究者が起こした問題とはどのようなものがあるのかというのが、今回... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/11 11:40
12月4日
<講義の要約> 今回の授業も、はじめに時系列データについての先生の解説が少しあった後、ひたすら時系列データのレポートの完成の時間にあてられた。今回メールで送られてきた講義録には、レポート作成へのヒントや、学生の書きかけレポートの先生からの分かりやすい添削があった。氏名や学籍番号を忘れずに表記すること等の初歩的なところから、レポートの本文は大きく分けて1、モデルの構築 2、モデルの検証という類の項目がなければならないということまで、添削されたワードにはカラフルに色分けされて表記されていた。また、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/09 01:11
時系列データ レポート
目次 はじめに  本文 (1)モデルの構築     (2)モデルの検証  結論  参考文献 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/09 00:17
11月27日
<講義内容の要約> 今日は、先週の講義録の時に送られてきた、時系列データが課題である。経済と社会に関係するデータのほとんどが時系列データで表されるらしい。この課題の最終的目標は、講義録に提示されている二つの時系列データをエクセルに取り込み、グラフにし、その時系列データの特徴を見出し、二つのデータの性質の違いの有無を検証し、レポート形式にしたものを、ブログにアップするということだ。その際、レポートの形式にこだわる事、グラフを画像にして、一緒にブログに挿入するという注意書きがあった。データの比較の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/27 15:54
「成績と人生観」についてのレポート
タイトル:成績と人生観の関係性 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/26 22:26
11月20日
<講義内容> 最初に課題の説明があったあと、残りの時間は全て課題を個人個人でやる自習時間であった。 まず、先々週に出されていた「学生の成績と人生観」についてのレポート作成である。こちらは、エクセルのデータから、何らかの関係性を見つけ出して、その関係を結論としたレポートをブログにアップする。次に、グループのメンバーのレポートを見て、前回の課題同様点検表で評価をする。その点検表を先生・メンバーにメールで送り、個人のレポートの修正点を見つける。というのが、この課題の流れのようだ。 それが終わった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/26 21:55
11月13日
<要約> 今日は、授業を休んでしまったので、講義録の要約をしたいと思う。 テーマは分析法〜テーマの扱い方〜である。先週に出された、成績と人生観についてのレポートについては、難しいので来週以降提出の課題となったようだ。今週は、先生から送られてきた資料の中のエクセル「1年花組」「パソコンでじゃんけん勝負」を完成させる。次に、来週以降完成させる成績と人生観のレポートの補足説明。アンケートをもとに精緻な分析を行う。講義録には、先生の例が示されていた。(1)は、金欲・リーダー志向の質問の回答の1〜4の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/19 11:45
11月6日
<講義の内容> 今日は、何人かの生徒が先生に指名され、先週までの課題であったレポートの完成版を、教室の前に立って読んだ。指名されたのは、3人であった。そのうちの1人は、私であった。付け足しながら読んでもよいと、言われたが、だいたい皆自分のレポートを画面で見ながらマイクを使って読み進めていった。3人とも、レポートの内容は「日本語の起源について」であった。一人読み終えるごとに先生からレポートの講評をいただいた。結論は、あいまいにせず、断言できるぎりぎりのことを述べるようにと皆言われていた。また、私... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/06 15:29
10月30日
<要約> 雑誌の危機(シリアルズ・クライシス)と大学図書館について。シリアルズ・クライシスとは、継続的な雑誌価格の高騰による購入額の大幅な増加と購入タイトル数の減少のことをいう。大学図書館でも、国立国会図書館でも、今まさにこのような現象が起きているし、日本に限らず、海外でも同じようだ。これには、たくさんの要因があるようで、その例が講義録にいくつも挙げてあった。 続いて、文献の種類について。形態としては、図書・雑誌・辞典などがあり、更に内容の鮮度によって零時・一次・二次・三次情報がある。それぞ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/05 21:47
レポートの下書き
タイトル:「日本語の起源」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/29 00:58

続きを見る

トップへ

月別リンク

ひたすら病みブロ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる